進めておくことが重要です

ようやく仕かける時という場合では、まずは事前対策を手抜きしてはいけません。

相場に入る前であれば、起こる事を論理的に見つめる事が可能です。

しかしながら、ひとたび取引の内側へ立ち入ってしまうと、何をしても見解が偏ったものになりがちで肝心な時に真っ当な考え方が出来なくなる。

危険があります。

その分己の頭の中が合理的なうちに、ちゃんとした準備を進めておくことが重要です。

その”準備”とは、とにかく自らのシナリオを描くことからスタートします。

未来のこの通貨はああだから、この通貨を勝負するといった自らの台本を書いていきます。

次に大事なのは相場を見ましょう。

それ以前の為替相場の推移を見て現在の位置を確認します。

そうしたら、「結構安い状況だ」など、他には「大多数の方が仕かけているから今さら急にエントリーしてももうなすすべがない」ということが納得できます。

もちろん取引するのがやりようがないと感じたら、手を出さないで、その場面ではあきらめることか必要です。

どう工夫しても自分自身の筋書きを押し通そうとして無理やり取引すると、為替相場に押し返されて反対に損失を被ることになる危険性があります。

もっとも大体のケースで用意周到に自分なりのシナリオを描いていると売り(または買い)が遅いという場面にはならないでしょう。

現実にマーケットが変動する前のはずだからです。

次は、まずは自分がエントリーしようと検討している通貨の上下の動きを注意深く確認する事が大切です。

例えば円安が進むと推測する台本を書いたのであれば、その通貨の推移に注目する必要があります。

市場の動きを注目し始めたときでは分かりやすく変化する様子を見せることはなく、上がったり下がったり多少の上下動を繰り返しているだけでしょう。

しかしながら、その推移をきちんと注目していると、ある状況でゆっくりと、ドル高の方向へと動き始めます。

このタイミングでいよいよドルの注文をします。

通常、これだけ計画的に事前準備をやっておけば、その売買で勝てる確率は結構高まるはずだ。

Link

Copyright © 1996 www.enteron-shop.com All Rights Reserved.