www.enteron-shop.com

自己破産手続きの際借金にあたり保証する人がいるときには、あらかじめ話しておいたほうがいいでしょう。もう一度、強調しておきますが、債務に保証人を立てている場合は破産申告前にきちんと考えておかなければなりません。というのはあなた自身が自己破産をしてOKが出るとその人が返済義務をかぶる必要があるからです。ですので、破産手続きをする前に保証人となる人にその詳細とか現在の状況について説明して、お詫びをしておかなくてはならないでしょう。そういったことは保証人となる人の立場で考えると当たり前のことです。あなたが自己破産をすることから自動的に高額のローンが発生することになるのです。そうなると、以降の保証人である人の選べる手順は以下の4つになります。一つめは、保証人自身が「すべて払う」という手段です。保証人となる人がいつでも何百万もの負債を問題なく返済できるといったような資産を用意しているならばできます。でもむしろあえて破産の手続きをせずに保証人となる人に立て替えてもらい、自分はあなたの保証人に月々の払っていくという方法も取れると思います。また保証人が破産を検討している人と親しい関係にあるのであれば、少しは返金期間を延ばしてもらうことも可能かもしれません。いっぽうでまとめて返金が不可能だとしても金融業者も話し合えば分割に応じるかもしれません。あなたの保証人にも自己破産を実行されると借金がなにも返らない可能性があるからです。保証人がもしそのお金を全額まかなう財産がない場合は債務者と同様に何らかの方法による負債の整理を選ばなければなりません。2つめの選択肢は「任意整理をする」ことです。これは貸金業者と示談することにより数年のあいだで完済していく形を取ります。弁護士にお願いするにあたっての費用の相場は債権者1社ごとに4万。7社から契約があれば約28万円かかることになります。もちろん債権者との交渉は自分でしてしまうことも不可能ではないかもしれませんがこの分野の経験がない人だと債権者があなたにとってデメリットの多いプランを出してくるので、気を付けなければなりません。また、任意整理で処理する場合もあなたは保証人に負債を立て替えさせることになるのですから、たとえ少しずつでも保証人になってくれた人に支払いをしていくべきでしょう。続いて3つめは保証人である人も返済できなくなった人といっしょに「自己破産を申し立てる」という選択です。保証人となっている人も返せなくなった人と同じく破産宣告すれば、保証人となる人の負債も返さなくて良いことになります。しかし、有価証券等を持っているならば所有する資産を没収されますし、資格制限のある仕事をしているのであるならば影響を受けます。その場合は、個人再生という制度を検討することができます。最後の4つめの方法は「個人再生を利用する」ようにします。戸建て住宅などを手元に残しつつ負債の整理を行う場合や、自己破産では資格に影響するお仕事についている方に有効なのが個人再生による整理です。この方法ならマンション等は処分する必要はありませんし、破産手続きのような職種制限、資格制限が一切ありません。

Link

Copyright © 1996 www.enteron-shop.com All Rights Reserved.