www.enteron-shop.com

自己破産手続きの際にその借り入れにあたりその保証人が存在する場合は事前に話しておくべきでしょう。ふたたび、強調させていただきますが借金に保証人を立てている場合は破産手続き以前に前もって検討しなければなりません。その理由は自分が破産申告をしてOKが出れば保証人となる人があなたが作った義務を全部払う必要があるからです。破産の前段階で保証人である人に、至った経緯や現在の状況を説明し、謝罪の一つも述べなければならないでしょう。保証人になるひとの立場から見ると当然のことです。あなたが破産申告するのが原因で、とたんに債務が発生してしまうことになるのです。そして、そのあとの保証人の取れる道は以下の4つになります。一つめは保証人が「全部支払う」ことです。保証人である人がそれら何百万円もの金額を問題なく弁済できるといったようなお金を用意しているならばこれができるでしょう。そういう場合はむしろ、あえて破産宣告せずにあなたの保証人に立て替えてもらい、自分はあなたの保証人に月々一定額を返済していくという形も取れると思います。保証人がもし借金をした人と信頼関係にある場合などはいくらかは完済までの時間を考慮してもらうこともできるかもしれません。それにひとまとめにして返すことができなくても、話し合いにより分割での返金に応じるかもしれません。保証人に破産申告をされてしまうと債権が一円も返済されない可能性があるからです。また保証人がそのお金を全部背負う財産がない場合は債務者と同様に何らかの方法での借金の整理を選ばなければなりません。2つめが「任意整理」によって処理することです。貸方と示談することにより、5年以内くらいの期間内で返済していく形になります。弁護士などに依頼する際の費用の相場は債務1件ごとにだいたい4万円。全部で7社からの負債がある場合28万かかります。もちろん貸金業者との話し合いは自分ですることもできないことはないですが、債務処理に関する経験や知識がない素人だと向こうが確実に有利なプランを勧めてくるので気を付ける必要があります。それに、任意整理になる場合は保証人である人に借金を代わりに払ってもらうわけなので、借金をしたあなたは少しずつでもその人に支払いをしていく必要があります。次の3つめは保証人となる人も債権者と同様「破産する」ことです。その保証人も破産した人と同様に自己破産を申し立てれば、その保証人の借金も消えてしまいます。ですが、保証人がもし有価証券等を所有している場合はそういった私財を没収されてしまいますし、税理士等の職務にある場合は影響が出ることは必須です。その場合、個人再生という制度を活用するといいでしょう。最後の方法の4つめの手段は、「個人再生による手続きを取る」こともできます。マンション等を残して債務整理を望む場合や自己破産手続きでは制限がかかる職務についている方に選択できるのが個人再生による整理です。これなら住居する不動産は手元に残りますし自己破産のような職種の制限資格に影響する制限等は何もかかりません。

Link

Copyright © 1996 www.enteron-shop.com All Rights Reserved.